FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想祭り投下分

お久しぶりです。
一応ちょくちょく品評会感想を更新してたのですが新しく記事作るのはやたら久しぶりな気がします。

もうちょっとで品評会感想も終わりそうです。いやぁ遅くてごめんなさいね。

さて感想発表会があったわけですがいくつか僕も感想を投下したのでその感想をコピペしときます。

予想以上に濃い感想がたくさんあって「やべぇ!俺ろくな感想書いてない!!」とあせったのは秘密

続きに格納


('A`)と川 ゚ -゚)の最後の二週間のようです

KOB作品

ちょうど同じ場所で自殺しようとしていたドクオとクー。
二人共、互いに自殺場所を変えてほしいので一週間で自殺するのを相手にやめさせた方がそこで自殺できるという賭けをする。

そんなとこから始まる一風変わった恋愛話。
キャラクターがしっかりできているので自然と話に引き込まれた。
地の文も読みやすいのでスラスラ読める。
読後感も爽やかでいい。
面白かった。今でもたまに読み返す。

確かまとめさんでは読めないけど倉庫で読める「あとがき」は読むべきw
アルファ吹いたwww

素直パニックのようです
http://iroirotunpeni.blog11.fc2.com/?mode=m&no=318

シベリア作品。
素直パニックが可愛い。
さらさら読めてクスリと笑える。
さいしゅうわ「姉妹の共通点」には吹いたwww

( ・∀・)まだまだなようですhttp://iroirotunpeni.blog11.fc2.com/?mode=m&no=279

シベリア作品。
疲れている時に読んだらかなり元気がでた。
シベリア作品ということもあり短いけれどしっかりと話がまとまっていてかなりクオリティが高い。
とてもいい話。

「もうだめぽ」のような気分の人には是非よんでもらいたい。



微妙な関係のようです
まとめは文丸さん

兄者、弟者、クーの三角関係の話。
読んでて「ンアアアアアア!」ってなった。
タイトル通り微妙な関係の距離感が読んでいて伝わるので凄く面白い。

甘いよ!俺も青春したいよ!ちくしょう!


('A`)ペロ…!これは羅生門!のようです
まとめは速。さん

なんwwwというwww歴史文学wwww
登場人物のハイテンションにやられたwww
上手く改変してあって吹いたwwww
勢いの素晴らしいギャグです。
老婆には吹いたwww



( ・∀・)恐怖の人面瘡のようです(http://hoku6363.fool.jp/tann-pen/jin-men.html)


人面瘡にとりつかれたモララーの話。
終始続くシュールな雰囲気には思わずワラタww
可愛いだけかと思いきや意外と人面瘡のモナーが黒かったり
被害者なだけかと思っていたモララーが実はごにょごにょだったりと意外なところから攻めてくるので飽きが来ない
オチは心が暖かくなった。


ξ ゚⊿゚)ξの殺人計画はシンプルなようです(http://hoku6363.fool.jp/tann-pen/satujin-sinpuru.html)

友人であるクーをわけあって殺そうとするツン
クーを殺そうとしてアイスピックを投げたり毒薬を飲ませようとしたりするだけどそれがことごとく失敗してしまう。

こう書くとほのぼののようだけどかなりブラックなジョークが効いた話。
ことごとく失敗の連続に次はどう失敗するのかwwwと笑ってしまう。
オチはなんか意外
かなりオススメしたい作品


( ^ω^)歩幅が合わないようです

http://vipmain.sakura.ne.jp/end/599-top.html

一緒に下校をしようとするがなぜか歩幅の合わないブーンとツン、それとそれにかかわる人の話

ジャンルはほのぼの

シュールなネタに笑いつつブーンとツンの可愛さにニヤニヤできる。
ほのぼの好きでまだ読んでいない人には絶対読んでほしい作品。

とにかく大好きな作品



反省としてはもっと用意しておくべきだったかなぁと
いやぁ・・・感想ブログもっているので書いたらうpらないと!なんて思っていたにもかかわらずほとんど更新していなかったという怠慢!

反省やー

それではまた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

坂本ホライゾン

Author:坂本ホライゾン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。